読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1号線…133 梵魚寺駅 범어사역

f:id:fonyarara:20170306163935j:image

梵魚寺駅は、その名の通り、「梵魚寺(ボモサ)」というお寺の所にあります。

でもって、最初に開通した1985年から、今現在終着駅の老圃駅が開通する1986年12月までは、この駅が終着駅だったんですよね。

 

私はもう、毎日毎日、この駅前を…バスで行き来しながら通勤してました(最近まで)。

でも、結局ここで降りて、お寺を見に行くとか、そういう余裕はなかったなぁ…残念。

てか、まだ行く機会はあるっちゃあるのか…。

 梵魚寺については、多分釜山に興味のある皆さんの方が詳しいのでは、ガイドでも掻い摘んで手っ取り早い情報を書いてくれてありますよね、と言いつつ…

 

新羅時代、西暦678年に、唐から帰ってきたウィサンという大師が建てたお寺。

なんですが…1592年の豊臣秀吉の朝鮮出兵の時ほとんど焼け落ち、今の建物は1614年に再建された…とのこと。

結構、この豊臣秀吉の朝鮮出兵により焼け落ちた…的な話は多いので、説明文にそういう一文が出る度、うーん…と思うんですよね…。

 

梵魚寺駅があるのが「青龍洞」という町内。

青龍(チョンニョン)というのが、東の空をつかさどる神を意味しているんだとか。

梵魚寺の東側の村という意味で名付けられたのだそうで。

 

何にも考えず、殆ど疲れて寝たまま通り過ぎてました、とほほ。